思春期ニキビを発症させる原因を分析?

思春期ニキビの主な原因は、あまりにも過剰に皮脂が分泌して、毛穴が塞がってしまうためです。一般の大人の場合でも、皮脂が比較的に多くて皮膚を清潔な状態にしていなければ、同様の症状に見舞われることになります。

多くの場合には10代の頃に発生しやすいことは、皮脂分泌量が圧倒的に多いことからも明らかです。ところが、10代であれば誰でも思春期ニキビを発症することがないのは、原因が他にもあることを意味しています。

10代の年齢になると、受験勉強などに追われて不眠になることも多いですから、ホルモンバランスを悪化させる原因になります。さらに、あまりにも偏った食事をしている場合でも、同様に思春期ニキビの問題を悪化させることがあります。毎日のように重大なストレスを抱えていて、不眠の状態が続いている場合でも、思春期ニキビを悪化させる場合があります。

原因は沢山あるのですから、対策は包括的に行うことが重要で、一つだけの予防法だけを行わないほうが得策です。

皮脂分泌が多いことは仕方ないのですが、毎日のように洗顔をしていれば違ってきます。普段の食事は、ジャンクフードだけで済ませることはせずに、主菜と副菜のバランスを整えることが大切です。

思春期ニキビの原因が運動不足の場合には、問題を早急に改善させて、不眠の症状にも対処していきます。便秘を悪化させることも好ましくないため、食事では食物繊維も十分に吸収し、新陳代謝も正常に保つことが重要です。”